カードを持っていなければ

クレジットカードを持っていなければ受けられないサービスというのがたくさんあります。
クレジットカードを持っているからこそ、より良いサービスが受けられるということがあるのです。
具体的に言えば、割引やポイント付与サービス、海外旅行での保険付帯、無料での空港ラウンジ利用など、
カードを持っていなければ受けることが出来ない特典ばかりです。

インターネット上のサービスでは現金ではなく、クレジットカードのみが使用できるという場合もあります。
もしそんなときにクレジットカードを持っていなければ、まるまるそのサービスを受けることができないということなのです。
これは現代に生きるものとして、とても損であるような気がします。
またクレジットカードを使用すると、現金で支払うときのような手数料がかからないときもあります。
このような場合は実質的に損であるということが言えると思います。

わたしが大学生になると同時にクレジットカードをインターネットで申込して手に入れました。
今は発行が早いクレジットカードも選ぶことができるので良かったですね。
それによって、たくさんの恩恵を受けてきましたし、人生が豊かになったとさえ感じています。
スマートフォンでのapplepayであったり、音楽配信サービスのgoogleplayでの音楽ダウンロードなども、
カード決済が出来る上でのサービスだといっていいと思います。

時代が、IT社会がクレジットカードを巻き込むようなかたちで成長していったように感じます。
これからももっとデジタル社会がすすみ、クレジットカードが欠かすことのできない時代が続くことでしょう。
わたしは時代に取り残されないためにもクレジットカードを利用したサービスを受け続けたいと思っています。
しかもどんどんスピード時代になっている中で、カードの発行そのものも早くなっています。

楽天カードや、クレディセゾン系のカード、あるいはマルイ発行のエポスカードや、アコムACマスターカードなど、
発行の早いクレジットカードは珍しい存在ではありません。ただし、堅実なクレヒスを持っていることこそ、
ステータスカードホルダーへの唯一の資格であるというのは、いつの時代も変わらないと思いますが、
キャッシュレスになっていくのは間違いないので、メインカードを一枚、出来れば大学生くらいから、
出来るだけ早く発行しておくことこそ、これからのキャッシュレス時代に必要なアイテムかもしれません。