自分のお金が

時々夢に見る。開いた銀行の預金通帳に自分のお金がまったくなくなってしまう夢さ、
キャッシングするお金しか手にはなくそれでもそのお金を元にして、ローン返済し、自分ひとりでお金の問題を跳ね返していこうと思う、お金なんかにまけてたまるか。
キャッシングを利用しているのですが、キャバ嬢はキャッシングできないんですか?カードローンに変えた方がいいのかなと最近思っています。というのも、クレジットカードのキャッシングとカードローンを比べてみると、金利にかなりの差があるのです。いつもクレジットカードでキャッシングした時は返済はリボ払いにします。ですから、金利が少しでも低いほうが総返済額が安くなるので助かるかなと思います。カードローンは出来れば銀行のカードローンで借りたいと思っています。というのも消費者金融のカードローンだとクレジットカードのキャッシングの金利とと少ししか変わらないのです。まあそれでも少しは金利は低くなるのですが。銀行の審査は厳しいと聞きます。なのでクレジットカードのキャッシングをかなり利用していて、現在も10万円の借り入れがあるような状態で銀行の審査が通るのかどうかが心配です。それならば消費者金融のカードローンを最初から申し込んだ方がいいのかなとも思います。手間暇かけて即日での借入れを申し込んで審査に通らなかったということになったら、かなり落ち込むと思うんですよね。しかし、やはり金利が低いというのもかなり魅力的な事ではあるので、ダメ元で銀行に申し込んだ方がいいのかなとも思っています。

消費者金融でお金を借りたいんだけど

借金を家族にバレずにしたい!誰でも思いますよね。私もそうでした。消費者金融でお金を借りたいんだけど、家族にバレるのが怖い。そう思ってました。でも、今私は実際に家族にバレずにお金を借りています。家族にバレないようにするポイントは2つ。申し込みと利用明細。この二つでほぼ決まります。まずは申し込みはインターネットでしましょう。消費者金融の店舗に入っていくところを誰かに見られたら大変です。最適な消費者金融はどこがいいのか考えると、家から遠く離れたところなら大丈夫かな?って思いがちですが、意外なところに知り合いがいたりするんです。なのでインターネットで申し込みをしましょう。スマホを持っているならスマホでした方がいいですね。誰にも見られないところでこっそり出来ますから。それとスマホをオススメするもうひとつの理由は本人確認資料の提出が簡単にできるという点です。本来なら本人確認資料(免許証のコピーなど)はコピーをとって、金融機関に郵送で送るのが一般的です。それがスマホを使うとスマホのカメラで免許書の写真を撮って、それをアプリから送信するだけでOKなんです。それともう一つのポイントですが、カードローンの利用明細はWEB明細にしましょう。カードローンのことが家族にバレる理由の中に利用明細を見られたという人が結構いるようです。カードローンの申し込みの時点で確認をしておきましょう。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングを一度した人は何度も繰り返す傾向にある、ということを聞いたことがあります。
最初は本当にお金に困ってクレジットカードのキャッシングを利用した人も
一度利用することでキャッシングをするということのハードルが下がり、
何度も繰り返してしまうようです。しかも最初のキャッシング金額よりも
だんだんと借りるお金が多くなってくる傾向にもあるようです。
クレジットカードのキャッシングは一番簡単な借金の方法ですよね。キャッシング機能付きのクレジットカードさえあれば、コンビニなどのATMで簡単にお金を引き出すことができるのですから。
その手軽さゆえにだんだんとキャッシングが借金だということを忘れてしまうのかもしれません。いやもしかしたら忘れたいと思う気持ちが忘れさせているのかもしれません。
要するに自分次第なんですよね、借金って。必要に迫られて借金したとしても、自分をしっかり見失わずにいれば、きちんと返済は出来ると思うんです。
人様から借りたお金は返さなくてはならないということを忘れなければ、借金のトラブルもなくなるでしょう。
借金のトラブルは結局は借りた人がお金を返さないために起こるトラブルです。

カードを持っていなければ

クレジットカードを持っていなければ受けられないサービスというのがたくさんあります。
クレジットカードを持っているからこそ、より良いサービスが受けられるということがあるのです。
具体的に言えば、割引やポイント付与サービス、海外旅行での保険付帯、無料での空港ラウンジ利用など、
カードを持っていなければ受けることが出来ない特典ばかりです。

インターネット上のサービスでは現金ではなく、クレジットカードのみが使用できるという場合もあります。
もしそんなときにクレジットカードを持っていなければ、まるまるそのサービスを受けることができないということなのです。
これは現代に生きるものとして、とても損であるような気がします。
またクレジットカードを使用すると、現金で支払うときのような手数料がかからないときもあります。
このような場合は実質的に損であるということが言えると思います。

わたしが大学生になると同時にクレジットカードをインターネットで申込して手に入れました。
今は発行が早いクレジットカードも選ぶことができるので良かったですね。
それによって、たくさんの恩恵を受けてきましたし、人生が豊かになったとさえ感じています。
スマートフォンでのapplepayであったり、音楽配信サービスのgoogleplayでの音楽ダウンロードなども、
カード決済が出来る上でのサービスだといっていいと思います。

時代が、IT社会がクレジットカードを巻き込むようなかたちで成長していったように感じます。
これからももっとデジタル社会がすすみ、クレジットカードが欠かすことのできない時代が続くことでしょう。
わたしは時代に取り残されないためにもクレジットカードを利用したサービスを受け続けたいと思っています。
しかもどんどんスピード時代になっている中で、カードの発行そのものも早くなっています。

楽天カードや、クレディセゾン系のカード、あるいはマルイ発行のエポスカードや、アコムACマスターカードなど、
発行の早いクレジットカードは珍しい存在ではありません。ただし、堅実なクレヒスを持っていることこそ、
ステータスカードホルダーへの唯一の資格であるというのは、いつの時代も変わらないと思いますが、
キャッシュレスになっていくのは間違いないので、メインカードを一枚、出来れば大学生くらいから、
出来るだけ早く発行しておくことこそ、これからのキャッシュレス時代に必要なアイテムかもしれません。