リルジュでケアして保湿して

私は考えてみると10代のときから肌質は強いほうだったので、
日焼けすることもあまり気にしてこなかったし、むしろ積極的に
UV対策などをしないほうだった。自分が大人になってアラフォー世代になって
シミや肌のたるみに悩んでしまうようになるなんて、思ってもみませんでした。
年々苦労が顔に出てしまうのでしょうか、老けてきたなあと思ってしまうことが増え、
自分の肌に自信が持てなくなっていました。でも、同級生の女性には、
いまでもとても美しい肌をしている人もいて、普段どんな肌の手入れをしているのか聞いたら
リルジュリカバリィエッセンスというのを使って、肌の老化を防いでいるのだと教えてくれました。
今流行の美魔女のように美しい彼女のことなので、これは自分も使ってみたいと思いました。

でも一度衰え始めた私の肌ですから、どこまできれいにもどせるのかわかりませんが、
それでも蘇る肌質のことを考えると、今すぐにでもリルジュを使いたいと思わずにはいられませんでした。
とても同い年とは思えない彼女の肌の美しさ、透明感は、グロースファクター(成長因子)配合の
化粧品でしか実現し得ないのだと思いました。若い頃と同じようなスキンケアでは、
やはり40代の肌には足りないものが多いのだと思います。
肌内部で生成されていたコラーゲンやヒアルロン酸が減少して、潤いを保持できない肌を、
ターンオーバーの促進でみずみずしい肌細胞をつねに維持させることで、実現する。
わたしはもう自分の肌をあきらめないと思ったんです。

毛穴の広がりや肌のくすみも、若いときにUVケアを怠ったことが原因です。
メラニン色素の沈着で、黒ずんで見えてしまう私の肌でしたが、
リルジュでケアして保湿して、いつまでも若い肌の維持に、
いつものスキンケアをアンチエイジングスキンケアにしていくんだという気持ちで、
切り替えていったことによって少しずつハリのある、毛穴の目立たない状態になってきたのでした。
もちろん、深く刻まれたほうれい線や、肌のたるみに関しては時間がかかりそうですが、
グロースファクターの働きで肌の蘇りを促進しているので、口元の小じわも目立たなくなているので、
以前に比べればずっと見た目年齢が若返ったように感じているこの頃です。